☆年齢は数え年になります。年齢早見表とあわせてご覧下さい。
 
 
 *還暦に関しては満年齢でお参りされる方が多く、また近年では満年齢で
還暦のお祝いをされる傾向にありますので満年齢の生まれ年を表記しております
 

数え年 とは生まれた時点の年齢を1歳とし(母親のお腹にいる期間を0歳と数える)それに対して満年齢は、生まれた時点の年齢を0歳とします。したがって、満年齢と数え年の関係は次のようになります。
自分の今年の数え年は、
◎誕生日前日までは「数え年=満年齢+2
◎誕生日以降は、「数え年=満年齢+1」で計算します。
*例えば『昭和60年生まれ』の方は今年「満32歳」になられます。ですので年齢早見表を見るときには
・誕生日をまだ迎えていない時点では「31歳+2=33歳」
・誕生日を迎えている時点では「32歳+1=33歳」
というわけで昭和60年生まれの方は平成29年は数え年で『33歳』(丑年)となります。
 

*古来より『2月3日の節分』を年の変わり目としますが、岡寺では現代の暦で『1月1日〜12月31日』までの期間を『1年間』として、ご祈願させていただいておりますので『2月3日の節分』に関係なくお参りしていただいて結構です。また厄年にあたられている方はご自身のお誕生日がまだ来ていなくても、厄年であるのには変わりはありませんから、お誕生日がくる前におまいりしていただいて結構です。
是非お正月、2月初午、3月初午大祭の日など年の早いうちにお参り下さいませ。もちろん、厄年にあたられておられない方でもご祈願は受付けさせていただいておりますので是非お参り下さいませ。
 


 

 

 
お申込いただきました御祈願は3日間なら3日間、1週間なら1週間、それぞれの期間お札を毎日本堂にて御祈願させていただき、期日を迎えましたらお申し込み頂きましたご住所にお送りさせていただきます。そのお札を1年間ご自宅にておまつりしてください。尚、特別祈願につきましては半年・1年間とお札が岡寺にあって、ご本人様のもとにはないという訳にはいきませんので、一定期間御祈願させていただいた後にお送りいたします。また『厄除特別祈願者帳』にお名前を記載し、御本尊様にお供えいたしております。
 

 
厄除祈願などご祈願をされたご本人様が1年間毎日岡寺にお参りに来ていただくのは不可能ですので、ご本人様の代わりに『身代わり籠札』を本堂に納めていただき、1年間観音様のお側に籠って日々の法要を受けていただきます。
*身代り籠り札はすべてのご祈願についております。
 

 
 
 

厄除交通安全札 お車・バイク・自転車などにも付けていただけるお札もございます。
安産祈願守   安産の干支『戌』と岡寺の花『石楠花』をあしらった桐箱入りの安産祈願守です。
        また腹帯の御祈願もさせていただきております。


直接お参りするのが難しい方

ご遠方のかたや岡寺までお参りに来られないなどの場合は
お電話・FAXでも受付ております。詳しくは岡寺までお問い合わせて下さい。

お問合せ・お申し込み
日本最初やくよけ霊場 岡  寺
TEL 0744-54-2007
FAX 0744-54-3731


初午 
平成29年2月12日(日)

午前11時より
厄除開運護摩供大般若法要
*8:00〜17:00 随時 厄除護摩法要勤修

 

二の午 
平成29年2月24日(金)

8:00〜16:30
午前10時より『厄除護摩法要』を勤修
随時 厄除法要勤修


初午大祭
平成29年3月8日(水)

午前11時より
厄除開運護摩供大般若法要
*8:00〜16:30 随時 厄除護摩法要勤修


二の午
平成29年3月20日(祝月)

午前10時より『厄除護摩法要』を勤修
*8:00〜16:30 随時 厄除祈願を受け付けています


*平成29年は2月・3月ともに三の午はありません。


◎『やくよけ』のお申し込みは1年中毎日、受付けております。厄年でない方でも「厄除交通安全」や「家内安全」、「病気平癒」などそれぞれのお願事で御祈願させていただきますのでどうぞお参り下さいませ。